トップへ » 当院の治療について » 根管治療 » 【根管治療】歯を抜かず、自分の歯を残すための治療

【根管治療】歯を抜かず、自分の歯を残すための治療

「自分の歯を残したいが、歯を抜かなければ無理だと言われた」
「根の治療をしたのに、また痛くなってきた」

もしそのような状況でもできる限り自分の歯を残したいなら、「根管治療」という方法を選ぶこともできます。

根管治療

高い技術が必要な「歯の基礎工事」です
根管治療は建築で言えば基礎工事にあたります。根管治療がしっかりされていないと被せ物でどんなにきれいに修復したところで後に根の先端が化膿し、歯を失ってしまったり、 再治療になってしまうこともあります。歯を健康で長持ちさせるためには、技術を持ったドクターが適切な治療を施す必要があります。


トップへ » 当院の治療について » 根管治療 » 【根管治療】歯を抜かず、自分の歯を残すための治療


Page Top