トップへ » 【中高生の矯正治療】

【中高生の矯正治療】

矯正治療
この時期は骨や筋肉が発育段階にありますので、歯並びの土台を整えたり、骨格のズレを改善することで、できる限り矯正のための抜歯を少なくすることに努めます。

当院では装置が目立ちにくい、痛みが少ない、スピードが速いことが大切だと考えております。矯正治療を効率的に進めるために口腔周囲筋の活動(よく笑い、よく食べる)を弱めないためにブラケットは薄く、目立ちにくいデザインにし、治療のスピードを速くするために矯正力を従来の半分以下にし、ブラケットとワイヤーの摩擦を少なくします。
その結果、痛みを最小限に抑えることができます。

この時期は学校生活や、反抗期などからブラッシング不足や偏食になり易く、成長ホルモンのバランスからも虫歯になり易い時期に入ります。矯正治療と並行して歯科医院での歯のメンテナンスが重要です。

現代高校生の3人に1人は顎関節症といった問題を持っています。顎の状態を診査しながらかみあわせを整えることで顎関節症は改善することがわかっています。この問題は大人になってから治そうとしても難しく、やはり成長段階に合わせた治療が大切です。


トップへ » 【中高生の矯正治療】


Page Top