トップへ » 当院の治療について » 最先端の歯科治療【セレック】

セレックシステムによる最先端の歯科治療

セレックシステム

当院は、最新の「セレックシステム」を導入し、院内で精密なセラミックの修復物をお作りしています。セレックを導入している歯科医院はそれほど多くなく、外部の技工所に製作を発注しているのが現状です。仕上がるまでに期間がかかりコスト的にも高くなります。セレックシステムの導入により、短期間かつリーズナブルなセラミックの補綴物の提供が可能になりました。

セレックシステムとは
セレックシステムは、ドイツで生まれたセラミックの修復物を作製する最先端のCAD/CAMシステムです。「修復物は技工所で作製するもの」という概念を覆した画期的なシステムで、最先端のセラミック治療として世界中の歯科医院に注目されています。開発からすでに20年以上が過ぎ、現在では世界で3万台以上の導入実績があります。

従来の補綴物は、口腔内の歯型を取って模型を作り、技工士がそれをもとに作製していました。セレックはDDCカメラで口腔内を撮影するので歯型の採取がありません。撮影データをもとにコンピュータ上で設計し、ミリシングマシンでセラミックブロックを削り出します。これにより、スピーディかつ精密な最先端のセラミック治療が実現します。

セレックシステムの4つのメリット

セレックシステム従来のセラミック治療は、審美性・耐久性が技工士の技術力に左右されがちでした。また数回の通院が必要で治療費も高額になり、患者さまへの負担が大きな治療でした。こうした問題をすべて解消したのがセレックシステムです。コンピュータ制御により、「短期治療」「審美性」「耐久性」「経済的」が実現しています。


【1】治療期間が短縮できる!
口腔内の撮影から設計、削り出し前まで、スピーディに処理することができます。早ければその日のうちにセッティング(装着)ができるので、短期治療が実現し、通院の煩わしさがなくなります。

【2】治療費が削減できる!
セレックはセラミックの修復物を院内で作製できるので、外部の技工所に発注する必要がありません。人件費を抑えることができるのでリーズナブルにご提供できます。また通院回数も減るので通院にかかる費用の削減にもつながります。

【3】耐久性に優れている!
セレックシステムは、規格化された高品質のセラミックブロックを使用しているので、耐久性に優れています。補綴物15年生存率を見ると、従来の補綴物では68%ですが、セレック治療では93%。この臨床データからも、高耐久であることが一目瞭然です。

【4】審美性に優れている!
審美性の高い高品質なセラミックブロックを使用するので、自然の歯と見分けがつかない、自然な美しさに仕上がります。またセラミックブロックは、金属を一切使用していません。金属アレルギーのある方でも安心してお使いいただけます。

セレック治療の流れ

Step1.CCDカメラで口腔内を撮影
歯を削った後、専用のCCDカメラで患部または口腔内全体をスキャニング(撮影)します。撮影は数分お口を開けているだけで終わります。従来の歯型の採取のように、違和感や不快感はまったくないので、嘔吐反射のある方でも大丈夫です。

Step2.修復物の設計
撮影した画像をコンピュータに転送して、専用ソフトを使って修復物の設計をします。
モニター上であらゆる角度から微調整をし、理想的な咬み合わせや形を作ります。
セラミックブロックには数種類の色パターンがあります。その中からもっとも自然に見えるものを選びます。

Step3.ミリシングマシンで削り出し
設計データをミリシングマシンに転送して、セラミックブロックを削り出します。設計通りに削り出しをするので精密です。削り出した後は、微調整を加えて仕上げます。

Step4.口腔内に装着
完成した修復物を歯に装着してかみ合わせを調整します。違和感がないのを確認して、治療が終わります。


トップへ » 当院の治療について » 最先端の歯科治療【セレック】


Page Top