トップへ » 当院の治療について » 最先端の歯科治療【セレック】 » セレック治療の流れ

セレック治療の流れ

Step1.CCDカメラで口腔内を撮影
歯を削った後、専用のCCDカメラで患部または口腔内全体をスキャニング(撮影)します。撮影は数分お口を開けているだけで終わります。従来の歯型の採取のように、違和感や不快感はまったくないので、嘔吐反射のある方でも大丈夫です。

Step2.修復物の設計
撮影した画像をコンピュータに転送して、専用ソフトを使って修復物の設計をします。
モニター上であらゆる角度から微調整をし、理想的な咬み合わせや形を作ります。
セラミックブロックには数種類の色パターンがあります。その中からもっとも自然に見えるものを選びます。

Step3.ミリシングマシンで削り出し
設計データをミリシングマシンに転送して、セラミックブロックを削り出します。設計通りに削り出しをするので精密です。削り出した後は、微調整を加えて仕上げます。

Step4.口腔内に装着
完成した修復物を歯に装着してかみ合わせを調整します。違和感がないのを確認して、治療が終わります。


トップへ » 当院の治療について » 最先端の歯科治療【セレック】 » セレック治療の流れ


Page Top