トップへ » 小児矯正をすれば歯を抜かないで済むのでしょうか?

小児矯正をすれば歯を抜かないで済むのでしょうか?

A,歯を抜かないことを目的に小児矯正をするわけではありませんが、結果的に抜歯の確率は減少します。

小児矯正では歯並びのアーチを広げたり、顎の成長をコントロールすることで骨格のズレを補正します。不正を軽度にすることができるため、その後の本格矯正治療の選択肢が増え、非抜歯での治療の可能性が高まります。より良い状態で本格矯正ができることで治療期間が短縮でき、結果的にコストが安くなります。また、口腔機能を整えることで後戻りも少ないなど患者さまの負担が少なくなります。


トップへ » 小児矯正をすれば歯を抜かないで済むのでしょうか?


Page Top