トップへ » 子どもの矯正治療(小児矯正)

子どもの矯正治療(小児矯正)

矯正治療お子さまの場合、噛み合わせや歯ならびは見た目だけでなく、発育にも大きく影響してきます。なるべく早い時期に矯正治療を行いましょう。少しでも若いときに矯正を始めることで、あごが成長する段階でバランスが整い、美しい顔立ちになります。

小児矯正が必要なお子様とは
初診相談である程度判断できます。

相談の際に歯並びの発育状態、顎の発育状態、口腔周囲筋の状態、呼吸の仕方、発音、姿勢などをチェックします。
この状態を基に、「今始めることで歯を抜く可能性が少なく、歯ならびが悪い状態が軽度になり本格矯正が楽になる。永久歯が生えそろってからの本格矯正では治療が難しい。」と判断した場合に小児矯正を勧めます。

いつ頃から始めればよいか
小児矯正は早ければ4歳ごろから口腔筋機能トレーニングを行います。
口腔筋トレーニングとは?

第一大臼歯が生え揃う頃までのトレーニングで歯ならびの発育が促されることがわかっています。
その後、約6歳~小学校低学年を目安に床矯正装置で歯並びのアーチを広げたり、ファンクショナルアプライアンス(機能的顎矯正装置)を用いて上下のあごの骨のバランスを整えることで永久歯がきちんと生える準備をします。この時期の治療は主に取り外しができる装置を用います。

小児矯正の役割
歯並びの発育を促しますので、不正咬合を軽減することができます。メリットとして

・大人になってからの矯正よりも抜歯をする確率が減る
・本格矯正の期間が短くなる
・口腔機能を整え、治療後の後戻りも最小限に抑える

が挙げられます。さらに、早い段階から歯並びを整えるので歯を磨きやすく、虫歯になりにくい環境を作ります。
当院では小児矯正を行った方のうち約2割の方が本格矯正に移行せずに、治療を終了することができています。本格矯正に移行した方の平均治療期間は、抜歯した場合、1年から1年6ヶ月程度、永久歯を抜いた場合1年6ヶ月から2年ほどで治療を終了することができます。また、本格矯正から始める方と比べてコストを抑えた料金体系にしております。

成長期を過ぎて骨格が固まってからでは基本的に歯の改善しか出来ませんが、小児矯正では口腔機能を整えたり、歯並びや顎の成長をコントロールするといった骨格の改善が行う事が可能です。

本格矯正(小学高高学年~中学校)
小学校高学年以降で、永久歯が生えそろったお子様が対象です。
Ⅰ期治療で整った土台に透明なセルフライゲーションタイプブラケットと柔軟性ワイヤーによる固定式の装置で歯並びを整える治療システムです。

このシステムでは弱い矯正力で患者さまの口唇、頬、咬む筋肉を利用し、骨の代謝活動を最大限活かした治療法です。従来の矯正力の半分ほどの力で歯を動かすため、痛みの発生を最小限に抑えることができます。



トップへ » 子どもの矯正治療(小児矯正)


Page Top