«  2010年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年11月29日

おはようございます。事務の平松です。

昨日、銀座にてMEDIA株式会社主催「第8回ビジュアルマックス倶楽部ミーティング」が開催され、副院長と共に参加してまいりました。

ビジュアルマックスとは、当院でも全チェアに導入してあります患者様とのコミュニケーションツール(パソコンソフト)です。

今回は、鹿児島市でよしどめ歯科医院を運営されている、医療法人翔優会 理事長 吉留英俊先生が講師の先生としていらっしゃいました。

歯科業界では成功者として、かなり有名な先生です。
半年前、鹿児島市内の中心部、天文館に分院(チェア数12台の最新設備が整った医院)を開設され、ここまでに至った経緯、経験談、苦労話をお話下さいました。

歯科医院でのイベントやスタッフとの向き合い方、経営分析の手法などについても参考となることが多く、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

次回は1月30日に、歯科衛生士を対象としたセミナーが開催される予定です。

2010年11月27日

アシスタントの横田です。

今回はカウンセリングルームについてご紹介します。
中村歯科医院のカウンセリングルームでは主に、患者様とドクターがお話する場所として使われています。
患者様が治療についてより具体的に説明を受けたい時に、パソコン画像や模型を用いて患者様にわかりやすいように説明し、患者様のニーズに沿った治療計画をプランニングしていきます。
みなさまも少しでも不安な事がありましたら、お気軽にお越しください。

写真は本日のインプラントの治療相談での一コマです。

2010年11月25日

こんにちは。事務の平松です。

袖ケ浦・木更津・君津・富津の四市代表として、8020運動普及作文「千葉県知事賞」を受賞された岡田様が、受賞報告として袖ケ浦市を表敬訪問され、私も同行させて頂きました。

岡田様の受賞を、市長をはじめ、副市長、市民健康部長、皆様大変お喜び頂いているご様子でした。

岡田様には予防歯科のスポークスマンとして、今後とも定期検診の大切さを共にPRしていきたいと思います。

2010年11月24日


 歯科衛生士の中川です。
 今、中村歯科医院で、力を入れている歯周病対策。
 まず、御家庭でも実践できるブラッシング【歯磨き)ですが、
 ブイセブン歯ブラシをお勧めしています。
 最初は、戸惑うかもしれませんが、使ってみると歯はツルツル!歯と歯の間、歯茎の爽快感!
 磨かずにはいられなくなりますよ。
 千葉では、当医院だけ!?
 是非、お試しください。

2010年11月22日



こんばんは。事務の平松です。

先日の記事でもご紹介させて頂きましたが、11月18日(木)、平成22年度千葉県口腔保健大会「デンタルヘルスちば21」において、「8020運動普及作文」の表彰式がありました。

「千葉県知事賞」を受賞された岡田様が、本日は定期検診にご来院下さいました。

 
県知事賞受賞、本当におめでとうございます。
2010年11月13日

こんにちは!アシスタントの内藤です。

11月13日(土)
今日は、月に一度の矯正日です。
矯正とは、不正咬合(咬合異常)や咀嚼障害を改善することにより、正しい機能を回復し、同時に顔貌も整え、不正状態の発生も予防する治療のことです。
主な不正咬合は、大きく5つに分けられます。
まず1つは、上顎前突(出っ歯)と言って、上下顎前歯の前後的な隙間が、7~8mm以上もあるような不正状態を総称したものです。
2つめは、下顎前突(反対咬合・受け口)と言って、上下顎前歯の咬合関係が反対になっているものです。
3つめは、開咬と言って、一般的に前歯部の上下の歯が咬合していない状態をいいます。
4つめは、叢生と言って主に、前歯部の歯列が凸凹している状態をいいます。
5つめは、正中離開と言って、上顎中切歯間に隙間がある状態をいいます。
これらの不正咬合により、いろいろな障害がでてきます。
う蝕発生原因となったり、発音障害を起こしたりします。また、咀嚼障害や顎関節症を誘発します。
そうなる前に当医院では、矯正専門の先生を招いて治療しています。
噛みあわせの事などでお悩みの方は、ぜひ中村歯科医院にいらしてみてください!!
2010年11月12日

こんにちは!受付担当の原田です
今日は受付に置いてある販売品についてお話したいと思います。

歯のお手入れには欠かせない普通のお店では取り扱ってない歯ブラシや歯磨き粉はもちろんのこと、
入れ歯用歯ブラシ、入れ歯洗浄剤、フロスなど取り揃えています。


その中でもお勧めしたい商品が2つあります!

キシリトールガム
見た目は普通のパッケージと同じですが、歯科専用のキシリトールガムなんです!
なので、キシリトールの量が3倍も入っているんです!!
他にも、”咀嚼力判定ガム”という噛む力を判定できるキシリトールガムも取り扱っています。
是非、お試しください

歯間ブラシ
歯の隙間の汚れを落としたり、歯肉のひきしめ効果があります。

どの商品も歯のお手入れには欠かせない物ばかりです
販売品のみのご利用も可能です!

まだまだ、新しい商品も入荷していきますので乞うご期待

2010年11月10日

受付担当の古川です。
受付事務で使用の三種の神器です。

電話
パソコン  患者様の予約管理等行う
釣銭機   患者様からの預り金、お釣りの全てを間違えなく行う優れもの


私たちの強い味方です

2010年11月 5日

こんばんわ、歯科衛生士の是枝です。

二度と同じ失敗はしません!と朝に言ったばかりなのに…
デンタルでまた失敗しました。

今度は保存した画像が行方不明に……
なんで!?

同じ失敗ではないですけど、最近何かしらやらかしていて本当に方々に申し訳ないです。
トラウマになる前にマスターしたいと思います!

2010年11月 4日

アシスタントの横田です。

休み明けで1日中バタバタしてました。
入社してまだ1カ月だけど、みんなに助けられながら頑張ってます。

昨日の休みは、アシスタント仲間のゆっこちゃんと映画に行ってきました。

前から見たかった『君に届け』を見て、二人して大感動でした。
三浦春馬に癒されました(^_-)-☆

次はどこに出掛けようか計画中です。
いい所あったら教えてください☆

2010年11月 1日

こんにちわ。アシスタントの恵良です。

受付と化粧室に綺麗なお花を飾りました。

これから季節に合わせたお花を飾っていきますのでお楽しみに(^_-)-☆

こんにちは、アシスタントの田中です。
内藤さんのホワイトニング中の一枚の写真です。
ホワイトニング(ブリーチ)の機器と薬剤が新しく導入されました。
ホワイトニングには、ホームブリーチ(自分の都合で出来る)とオフィスブリーチ(病院で先生、衛生士が行う)があります。ホームブリーチは薬も弱くムラがでやすい・時間がかかるという事も挙げられますが、オフィスブリーチは即効性もあり期待が出来ると!是非一度お試しを

こんにちは。事務の平松です。

当院で、定期検診を受診頂いている岡田様が、この度「8020運動普及作文」にて千葉県知事賞を受賞されました。(本日発行の「広報そでがうら」に記事が掲載されております。)


受賞した作文は以下の通りです。

----------------------------------------------------------------------

タイトル
「健康な歯の維持のためには健康的な食生活、運動と定期的な検査から」

現在、六十歳の私はまだ、一本の歯も失っていない。
正確には差し歯があるので、一本の半分はないとも言える。
私も何とか、八十歳までに二十本の歯は維持したいと考えている。
そのために、私は会社での歯科検診の他に、近所の歯科で、二年前に歯の現状検査をして貰った。
その結果、歯周病はかなり進行しているとの診断であった。
それを促進する可能性のあるのは、四本の親知らずの奥歯に対する圧迫であった。
奥歯の歯周病の進行を止めるには、親知らずの四本を抜く処置が必要となった。
その歯科医の判断を受け入れる事にした。
その処置をして、歯の状況を評価して貰った。
すると、歯周病は進行しているが、歯の性質が良いので、ブラッシングによる歯肉の刺激と定期的な検査で、回復の可能性があるとの判断であった。
私は歯科医の指導を受け入れる事にして、その後、三か月毎に、定期的な検査で、歯周病は徐々に改善しているとの評価であった。
ここで、私の歯の性質が良い事の原因を考えてみる。
私は北海道の農家で生まれ、育ち、二十三歳で、就職のために、千葉県にやって来た。
実家の農家での食生活の基本は当然和食であり、野菜と魚が総菜の毎日であった。
歯の基になったのはその魚であったと思う。
ホッケやサンマを箱で購入して、母は干し魚にしていた。
その干した魚を焼き魚に食べていたが、いつも骨も残さないで、食べさせられた。
少し硬い骨でも、火を通すと、噛み砕けるように柔らかくなる。
また、煮魚にしても、同様に骨を残さないで、食べさせられた。
その習慣は就職した後も継続しており、焼きサンマは頭からしっぽまで、何も残さずに食べて、周囲の人達から驚かれた事がある。 
また、もう一つの要因として、私は現在ほぼ毎日一時間以上の散歩を続けている。
若い頃から、何らかのスポーツで、身体は動かして来たが、いつまでも継続して出来るのは散歩と考えた。
以前健康支援センターで、骨密度を計測して貰ったが、最高に良い状態との評価であった。
歯は骨と同じ組成で出来ているから、適度の運動も歯の質の維持に繋がっていると考えている。
8020運動で目指しているのは、歯だけが二十本維持されているのを目指しているわけではないと思う。
健康で自分の身の周りの事を出来る八十歳の老人をイメージしていると思う。
北海道で健在の今年八十四歳の両親の歯は二十本も残ってはいないが、今も夫婦そろって、毎日ゲートボールを続けている。
私もこうありたいと考えている。
私は今の状態を維持して、八十歳になっても、現在の状態を少しでも長く維持出来るように、食生活でのカルシウム・りん等の摂取、適度な運動、歯のブラッシングの継続と歯科医による定期的な検診と指導を受ける事を継続して行きたいと考えている。

----------------------------------------------------------------------

正しい食生活と適度な運動、定期的な歯科検診の必要性を見事に表現された作文です。
「8020」ではなく「8028」を目指して、岡田さんと共にスタッフ一同頑張っていきたいと思います。
受賞おめでとうございます。

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
中村歯科医院

中村歯科医院
http://www.nakamura-shikaiin.com/

開業38年の歴史ある安心の治療で、皆さんのお口の健康を守り続けます

お口の健康は、ただ単にお口の中だけでなく体全体、もっと言えばライフスタイルにまで大きな影響を及ぼします。私たちはお口の健康を通じて、皆さまの人生に責任を持ちたいと考えております。これからもずっとこの地で治療を続けてまいりますので、今後とも末永くご利用いただきたく、よろしくお願い致します。