トップへ » 当院の治療について » インプラント治療 » 【インプラント】歯を失ってしまった場合の治療方法

【インプラント】歯を失ってしまった場合の治療方法

インプラントが一般的に普及するまで、歯を失った方の多くは「入れ歯」や「ブリッジ」を入れていました。でも入れ歯は不快感が強く、ブリッジは両隣の歯を削らなければならないという点があり、「もっと自分の歯に近い義歯を」と望む声が多くありました。

インプラント治療

不快感がなく、本物の歯と同じような「インプラント」
インプラントとは、歯が抜けてしまった部分にチタンで出来た人口歯根(インプラント)を埋めてあごの骨と結合させ、それを土台に人工の歯を取り付ける治療法です。

歯を失ってしまった場合の治療法として、入れ歯やブリッジと比較されますが、ブリッジのように周囲の歯を傷つけることもなく、入れ歯のように浮いたりズレたりする心配もありません。インプラントは自分自身のあごの骨としっかり結合しているので、本物の歯と同じように使うことができます


トップへ » 当院の治療について » インプラント治療 » 【インプラント】歯を失ってしまった場合の治療方法


Page Top