トップへ » 当院の治療について » インプラント治療 » 【歯を失ったときの治療法】インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の比較

【歯を失ったときの治療法】インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の比較

歯が抜けてしまったら
永久歯を失ってしまうと二度とその歯は生え替わってきません。たった1本の歯を失っただけで体全体のバランスが崩れてしまいますので、出来るだけ早く抜けてしまった部分を補う治療が必要です。

●歯が抜けた後、そのままにしておくとどうなる?
歯が抜けてしまった後、治療をせずに放置してしまうと次のような悪い影響が出てしまいます。

・両端の歯が失った歯のあった位置に傾斜してきてしまう。
・対合歯(噛み合っていた反対側の歯)が飛び出してきてしまう。
・歯の隙間が広がり、噛む力が弱まってくる。
・残りの歯に加わる力が大きくなり、健康な他の歯の寿命を縮めてしまう。
・きちんと噛めないことで咀嚼障害が起き、胃腸などの消化器官へ負担がかかる。
・上手く発音が出来なくなる。
・噛むことで得られる脳への刺激が減少する。

歯が抜けた後の治療には、3つの選択肢があります
歯を失ってしまった場合の治療には、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントと3種類の選択肢があります。どの治療にもメリット・デメリットがありますので、当院では事前にしっかりと説明し、患者さまがご自身にとって最適だと思う治療法をお選び頂けます。


※アニメーションでは、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントの順に紹介しています。

  インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
部分入れ歯
部分入れ歯
治療法 失った歯根の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法 歯を失った場所に人工の歯を、両隣の歯を土台にして、人工の歯を支える方法 歯を失った場所の周囲に金属の留め金をつけて固定させる方法
取り外しが可能
メリット ■入れ歯のように滑りやズレがなく、力強く噛むことができる
■他の歯にダメージを負担をかけない
■自分の歯のように見た目が自然できれい
■発音に支障が出ない
■良好な噛み合わせを維持することができる
■自然の歯と同じような見た目を回復することができる
■ある程度自分の歯と同じように噛むことができる
■固定式であるため、ほとんど装着感なくつけることができる
■噛み合わせを回復することができ、歯をつなぐことで噛む力を分散させることができる
■保険適用の場合は安価
■治療期間が短い
■取り外しができるので手入れが簡単
■保険適用の場合は安価
デメリット ■外科的手術が必要
■ある程度、治療期間が長期である
■健康状態などにより手術を出来ない場合がある
■保険が適用されず、比較的に費用が高額になってしまう
■インプラントを埋入して終わりではなく、定期メンテナンスが必要
■両側に健康な歯がない場合や、多くの歯を失った場合は処置できない
■土台となる健康な歯を削る必要があるので、土台の歯の寿命が短くなる
■土台となる歯に余計に負担が掛かったり、ブラッシングがしにくくなるので、歯を失う場合がある
■長持ちしない場合が多い
■見た目がよくない
■固いものを強く噛むことができない
■取り外して手入れをしなければならない
■装着した時の違和感がある
■上手く発音ができなくなる場合がある
■入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
■金属を付けるので、健康な歯に負担をかけてしまう


トップへ » 当院の治療について » インプラント治療 » 【歯を失ったときの治療法】インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の比較


Page Top