トップへ » 当院の治療について » インプラント治療 » 【当院のインプラントの特徴7】サージカルガイドを使用

【当院のインプラントの特徴7】サージカルガイドを使用

当院では、高度な外科手術であるインプラントを安全かつ正確に行うため、インプラント術前シミュレーションソフトの「シンプラント」や「ノーベルガイド」を使用しています。

シンプラント、ノーベルガイドは、CTで撮影した3D画像により歯科医師は治療計画をより正確かつ安全に立てることができ、安心できる手術を実現いたします。また、患者さまにも治療計画をより理解していただくことが可能です。

シンプラント、ノーベルガイドの特徴
●切開手術を行わないので、術後の痛みや腫れが少ない
●3Dのシミュレーションガイドに合わせて治療を行うため、安全性や正確性が高い
●手術時間・治癒期間が短い
●手術後、短期間で新しい歯で噛むことができる

シンプラント、ノーベルガイドによる治療の流れ
【1】CT撮影
正確な診断を行うためにCTで撮影を行います。
より安全なインプラント治療を行うためにも、CTは欠かせません。

【2】3D画像の作成・シミュレーション
CTで撮影したデータを用いて3D画像を作成し、インプラントを入れるポイント、
上部構造を把握するためにシミュレーションを行います。
事前のシミュレーションを行うことで、治療後の機能性・審美性が更に優れた治療を可能にします。

【3】ガイドを作成する
シミュレーションしたデータを基に、インプラント治療に使用するガイドを作成します。

【4】手術を行う
ガイドをあてて治療をするため、最小限の切開のみで手術を行うことで、
出血や腫れを抑えた手術が可能となります。手術時間の短縮にもつながるので
患者様への負担を軽減できます。

【5】術後の状態によっては当日に噛めるようになる
手術前のシミュレーションにより、上部構造も高い精度で作成できますので、
患者様はその日のうちに新しい歯を手に入れることができます。

※必ず手術当日に新しい歯が入るとは限りません。


トップへ » 当院の治療について » インプラント治療 » 【当院のインプラントの特徴7】サージカルガイドを使用


Page Top