トップへ » 当院の治療について » 歯周病治療 » 歯周病治療の内容

歯周病治療の内容

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
●歯肉炎の段階での治療法
歯根の表面の歯垢・歯石などを取り除き、表面を滑らかにする治療方法です。これによってプラーク(歯垢)が付きにくくなり、歯周病が改善されます。

歯肉切除
●腫れた歯肉を切除し、縫合する治療
歯肉が腫れてしまっている場合は、これ以上悪化しないように歯肉を切除し、縫合します。
比較的簡単で、短時間に行えます。

歯周ポケット掻爬術
●歯周ポケットを浅くするための手術
歯周ポケットの中にある歯石やプラークを取り除く手術です。こうして歯周ポケットの溝を浅くすることで、プラークがたまりにくい環境を作ります。

フラップ法
●かくれたプラークを取り除く手術
歯肉(歯茎)を切開して歯槽骨と切り離し、露出したプラークや歯石を取り除きます。歯肉を元の状態に戻すために、歯槽骨を清掃したり、歯肉組織を除去する場合もあります。

GTR法(組織誘導再生法)
●重度の歯周病によって失われた歯周組織を再生
歯周病で破壊された歯の根にメンブレンという特殊な膜をかぶせ、いらない歯肉が入り込まないようにします。これによって膜の上の歯肉と膜の下の歯槽骨が回復していきます。

GBR法(骨組織誘導再生法)
●歯槽骨の状態が悪くても、インプラントを可能にした治療
GTR法とほぼ同じ方法で、歯肉と歯槽骨をゆっくりと再生させます。これによって、歯槽骨の状態が悪い方でもインプラントが入れられるようになりました。

エムドゲイン
●歯周ポケットにゲルを注入し、歯周組織を再生
歯周ポケットにエムドゲインというゲルを注入し、歯周組織を再生させる治療法です。現在世界中に普及し、安全で効果が高い治療法と言われています。


トップへ » 当院の治療について » 歯周病治療 » 歯周病治療の内容


Page Top