トップへ » 当院の治療について » 一般歯科 » 【当院の無痛治療の特徴1】さまざまな麻酔を使って痛みを緩和

【当院の無痛治療の特徴1】さまざまな麻酔を使って痛みを緩和

麻酔を刺すときの痛みを軽減【表面麻酔】
そのまま治療をすると痛みをともなう場合、麻酔をかける必要があります。しかし、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では麻酔の注射の前に「表面麻酔」を使用し、針をさしたときの「チクリ」という痛みを軽減しています。塗り薬のように患部に直接塗ることで、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させ、麻酔針を注入する際の痛みをできるだけ減らすことができます。

麻酔を注入するときに使う【電動麻酔】一般歯科
麻酔の針をさすときの痛みは表面麻酔でカバーできても、麻酔薬を注入するときにどうしても痛みを感じる場合があります。これは、注入するときのスピードによって圧力がかかるため。

当院では「電動麻酔」という特殊な装置を使って、ゆっくりと麻酔を注入するため、「痛みがほとんどなかった」とおっしゃる患者さまも多くいらっしゃいます。

振動で麻酔の痛みを緩和する【振動麻酔】一般歯科
注射の針をさすときや麻酔液を注入するときに、振動を与えて痛みを感じにくくするのが「振動麻酔」です。歯ぐきに振動を与えて抹消神経を刺激することで、痛みの感覚を分散・麻痺させ、痛みを感じにくくします。

これらの麻酔を必要に応じて活用することで、より痛みの少ない治療が可能です。


トップへ » 当院の治療について » 一般歯科 » 【当院の無痛治療の特徴1】さまざまな麻酔を使って痛みを緩和


Page Top