トップへ » 当院の治療について » 予防歯科

虫歯と歯周病からお口を守るために、「予防」は必要です

かつて、歯科医院は"歯が痛くなってから行く場所"でした。ところが、健康な歯を保つためには、その前のケアこそが大切という考え方が広まり、現在では"歯が痛くならないために行く場所"へと変わりつつあります。

予防歯科

予防のために来院された際は、お口の中のトラブルがないかどうかをチェックし、クリーニングなどによって歯石やプラークを除去します。こうして定期的にご来院いただくことで、虫歯や歯周病などのトラブルを未然に防ぎ、健康で美しい歯を保つことができます。

歯科先進国では、「予防」の習慣は常識です

予防歯科虫歯や歯肉炎、歯周病などのお口のトラブルや病気にならないようにする「予防歯科」が浸透しているスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保っているという事実があります。

一方、日本では80歳の方の歯は平均してたったの8本です。通常、永久歯は親知らずを除くと28本ですので、約1/4しか残ってないのが現状なのです。また、定期検診・クリーニングを受けている人の割合が2%というデータも気になりますよね。

80歳になっても自分の歯をしっかり残すためには、定期検診・クリーニングによるケアが非常に大切だと言えます。

ご存知ですか?【8020運動】予防歯科
「8020」は「ハチマルニイマル」と読み、80歳になって20本以上の自分の歯を保とうという運動です。平成元年に厚生省(現厚労省)と日本歯科医師会が提唱しました。永久歯は親知らずを除くと28本ありますが、その内20本が健在なら、自分の歯で食べ物を噛みくだくことができます。

健康で長生きをするために、ぜひ定期的なメンテナンスを受け、80歳で20本以上の歯を残しましょう。

費用という面から見ても、予防歯科は効果テキメンです

医療費はどちらが安い?予防歯科
例えば3ヵ月に1回の定期検診に通うのと、虫歯になってから治療を受けるのとでは、どちらが治療費を安く抑えられるでしょうか。

定期検診にかかる費用は、年間約10,000円程度(2,500円×4回)です。これに対し、虫歯になってしまえば虫歯の治療はもちろん、詰め物・被せ物などの費用もかかってしまいます。そして何より皆さまに知っていただきたいのは、虫歯治療は一度治してしまえばお終いではないということです。

生涯を通してみると、虫歯治療には多くの費用がかかります
詰め物・被せ物にも寿命があります。素材の品質にもよりますが、通常5~10年で取り替えなければならなくなってしまいます。また、取り替える際に本来の歯も削る必要があるので、5~6回の取り替え作業でご自身の歯も寿命を迎えてしまうことになります。つまり10代~20代で虫歯になってしまえば、80歳になる頃にはその歯を失っている可能性が高いのです。そうするとインプラントや義歯など比較的高額な治療が必要になりますよね。

数ヶ月や1年の単位で見ると、定期検診を割高に感じる方もいるかもしれません。しかし、生涯を通してみると治療費を最小限に抑えられる方法だと言えます。

【当院の予防歯科1】プロが行うお口の清掃PMTCとは?

PMTC歯科医師、歯科衛生士などの専門家が専用の機器を用いてお口の中の清掃を行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。

プラーク(歯垢)や歯石が成長すると、バイオフィルムと呼ばれる歯磨きでは取れない汚れになります。PMTCではこれらの汚れを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取りもどします。虫歯、歯周病の予防だけでなく、口臭の改善などにも効果があります。

【PMTCの順序】

●PMTCの特徴
・歯の白さや健康な歯肉を取り戻せる
・爽快感があって気持ちがいい

虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルムとは?
バイオフィルムとは、口内の虫歯菌や歯周病菌などが結びついたもので、虫歯・歯周病の原因となってしまいます。専門的なクリーニングでしか落とせないため、ぜひPMTCをご検討ください。

【バイオフィルムの蓄積】

PMTCでクリーニングした後は、フッ素入りジェルで歯の表面をコーティングし、トリートメントさせていただきます。フッ素により、歯が強化され、舌触りもなめらかになってお口もサッパリ。PMTCはエステ感覚で受けられる方も多い治療法です。

【当院の予防歯科2】定期検診について

定期健診定期検診の際は、専門の歯科衛生士が普段の歯磨きでは不十分な部分の清掃、磨き残しや歯石の除去などを行います。所要時間は30~60分。3回の検診ごとに、口腔内の写真撮影と、パノラマレントゲン撮影を無料で行ないます。

治療の必要がない場合でも、3ヶ月に1度はご来院ください。(定期検診の時期が近づきましたら、お葉書でご案内を差し上げます。)

定期検診の主な内容
・口腔内のチェック、歯石除去、虫歯、噛み合わせのチェック
・歯周病のチェック及び歯周ポケットの深さ測定
・PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)
・V7歯ブラシ(歯間ブラシ、フロス)による歯磨き、歯磨き指導
・フッ素塗布、シーラント充填(必要に応じて)

●お口の中をチェック
歯周病や虫歯になっていないか?お口の中をチェックします。

次へ

●ブラッシング指導
患者さま一人ひとりのお口の状態にあったブラッシングの指導をします。

次へ

●クリーニング
歯の表面や歯周ポケットなどを、特殊な器具でキレイにクリーニングします。キレイでツルツルな歯を取り戻します。

次へ

●フッ素塗布
歯周病や虫歯のリスクがある部分にはフッ素などを塗布してエナメル質を強化します。

定期検診費用
2,000円~3,000円程度(保険適用、3割負担の場合)
市の乳幼児医療費給付、子供医療費助成制度(中学卒業まで)による補助が受けられます(200円または無料)。

くわしくはお住まいの市町村窓口にお尋ねください。


トップへ » 当院の治療について » 予防歯科


Page Top