トップへ » 当院の治療について » 一般歯科

患者さまの負担を軽くする"痛みの少ない治療"

「歯を削る瞬間がこわい」
「麻酔の注射が痛そう」

など、歯科医院に対して苦手意識のある方もいらっしゃるかもしれません。

一般歯科

でもご心配なく。
当院は患者さまにできるだけ痛みや負担を与えないように細心の注意を払っています。「あっという間に治療が終わってしまった」と感じる方もいるほどなので、どうぞ安心して治療をお受けください。

●当院の無痛治療の取り組み
・さまざまな麻酔で治療の痛みを緩和
・拡大鏡を使用し、なるべく抜かない・削らない治療を行う
・恐怖心を与えるものはなるべく見せない、金属音を立てない

【当院の無痛治療の特徴1】さまざまな麻酔を使って痛みを緩和

麻酔を刺すときの痛みを軽減【表面麻酔】
そのまま治療をすると痛みをともなう場合、麻酔をかける必要があります。しかし、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では麻酔の注射の前に「表面麻酔」を使用し、針をさしたときの「チクリ」という痛みを軽減しています。塗り薬のように患部に直接塗ることで、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させ、麻酔針を注入する際の痛みをできるだけ減らすことができます。

麻酔を注入するときに使う【電動麻酔】一般歯科
麻酔の針をさすときの痛みは表面麻酔でカバーできても、麻酔薬を注入するときにどうしても痛みを感じる場合があります。これは、注入するときのスピードによって圧力がかかるため。

当院では「電動麻酔」という特殊な装置を使って、ゆっくりと麻酔を注入するため、「痛みがほとんどなかった」とおっしゃる患者さまも多くいらっしゃいます。

振動で麻酔の痛みを緩和する【振動麻酔】一般歯科
注射の針をさすときや麻酔液を注入するときに、振動を与えて痛みを感じにくくするのが「振動麻酔」です。歯ぐきに振動を与えて抹消神経を刺激することで、痛みの感覚を分散・麻痺させ、痛みを感じにくくします。

これらの麻酔を必要に応じて活用することで、より痛みの少ない治療が可能です。

【当院の無痛治療の特徴2】なるべく抜かない・削らない

ギリギリまで歯を残す、拡大鏡を使っての治療無痛治療
「できる限り歯を抜きたくない」「必要以上に歯を削ってほしくない」と思っている方は多いことと思います。当院では、患者さまの気持ちを最優先に、できる限り歯を残す治療を心がけています。

拡大鏡によって歯の非常に細かい部分の状態まで把握することができるので、感染した部分だけを取り除き、歯を削る量は最小限にとどめることが可能です。

●削る量を最小限にできる理由
拡大鏡では、肉眼の2倍~10倍の倍率で歯の細部を見ることができます。ですので、治療の際は虫歯になっている箇所をピンポイントで削ることが可能なのです。

また、以前の歯科治療では金属をピッタリつめるスペースを作るために、歯を患部より大きく削る必要がありました。しかし、現在では詰め物の素材や接着剤が進歩していますので、患部だけを削りとることで治療ができるようになりました。当院では、このように質の良い素材や接着剤を使うことでなるべく削らない治療を行なっています。

どうしても抜歯しなければならない場合は?
人の命に限りがあるように、「残念ながらこれ以上歯を残すことができない」という場合もあります。その際は理由をご説明し、患者さまに同意していただいた上で抜歯となります。

すぐに結論が出せないときは、ご自分で納得がいくまで考えてから結論を出されてもよいでしょう。

【当院の無痛治療の特徴3】緊張をさせない工夫

無痛治療患者さまの中には、過去に歯科医院で痛い思いをした経験などから「歯医者は痛い」と思って緊張される方もいらっしゃいます。そうでなくても治療室から金属音が聞こえたり、目の前に鋭い針やドリルのようなものがあったら誰でも緊張してしまいますよね。

実は、この緊張や「怖い」という先入観が「痛み」を強く感じさせてしまうこともあるのです。ですから、当院では患者さまに緊張を与えないよう、スタッフ全員細心の注意を払っております。

具体的には、歯を削る機械などが患者さまの目に止まらないように片付けたり、器具を置いたときに金属音がでないよう紙パックの上に置くなどの配慮を行なっています。

少しでも患者さまにリラックスしていただくことが、私たちスタッフの願いです。

虫歯の進行度と治療法

【虫歯の進行】

Co(シーオー:初期う蝕・要観察歯)一般歯科
【症状】
虫歯が始まったばかりの状態です。まだ穴があいたり、黒ずんだりはしていません。

【治療法】
歯の表面が溶け始めているため、フッ素入りの歯磨き粉を使ってブラッシングし、再石灰化を促します。


C1(エナメル質う蝕)一般歯科
【症状】
虫歯菌によって表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴があいています。象牙質には達していないため、痛みはありません。

【治療法】
必要最小限の歯を削り、保険適用の白い詰め物を入れます。


C2(象牙質う蝕)一般歯科
【症状】
虫歯菌がエナメル質の下にある象牙質まで溶かしてしまいました。冷たい物・甘い物がしみたり、さわると痛みを感じることもあります。

【治療法】
ここまで進行すると、麻酔を使用しなければなりません。保険適用の白い詰め物を入れたり、虫歯の進行度合によっては患部を削って詰め物を製作し、装着します。


C3(神経まで達したう蝕)一般歯科
【症状】
虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達した状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

【治療法】
根管治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除きます。


C4(残根状態)一般歯科
【症状】
歯はほとんどなくなってしまい、根だけが残っている状態です。

【治療法】
抜歯する可能性は高いですが、治療できる歯質が残っていれば根管治療を行います。


トップへ » 当院の治療について » 一般歯科


Page Top